「2016年9月」の記事一覧

やっぱり顔がよくないとセフレ作りはうまくいかないですよね?

セックスフレンド

あなたの顔が、明日から急に福山雅治になることはありません。

ぜったいにならないのなら、そんなことを考えるだけ無駄です。

それなのに、「やっぱり顔がよくないとセフレ作りはうまくいかないですよね?」 なんて質問する必要があるのでしょうか。

もしかりに、私が、「そうですね。顔が悪いから無理ですね」と言ったら、あなたはネットでの出会いやセックスを諦めるのですか?

自分がコントロールできないことをいくら気にしても時間の無駄なのです。

自分の影響の範囲の努力に専念しましょう。

  • 歯をきちんと磨く
  • 爪をきちんと切る
  • 髭を剃る
  • 髪型を自分に合ったものにする
  • 痩せる
  • 体型に合った服を着る

できることはいくらでもあります。変わりようがないことを思い悩んでいるのは時間のむだなのです。

名前(ニックネーム・ハンドルネーム)の付け方

セックスフレンド

名前はできるだけ呼ばれやすいもの・読まれやすいものを利用するようにしてください。

たとえば、

  • 映画大好き!
  • ブラピ似
  • Mystic Moon

なんていう名前を付ける人がいます。

メールならまだしも会ってからどう呼ばれるつもりなんでしょう。そういう想像力のなさを女性を嫌います。

できるだけ普通の名前のほうがずっといいです。あるいは普通の名前のあとに、プロフィールを補う名前なんていうのをオススメしています。

たとえば、

ナカムラ☆映画好き

なんていう名前だと、ちょっとポップな感じがするし、「ナカムラさん」と自然に呼ばれることができるので、会話もスムーズですね。

そもそも、Mystic Moonなんていう名前の男と会う女なんてろくな女ではありません。気をつけてください。

人見知りを克服する方法

セックスフレンド

わたしももともとは人見知りだったのですが、なんとか克服に成功したのでみなさまも、人見知りをなおしてぜひ出会いに前向きになってください。

女性は自信のある男性が好きですから、人見知りだと好意を持ってもらうのは難しいんです。

人見知りとは自己防衛と言われています。人見知りであることで自分の気持ちが傷つくのを避けているんですね。

だけど、よく考えてみてください。ほんとうに傷ついたことなんてほとんどないんじゃないでしょうか。それよりも人見知りであるがゆえに、たわわに実った果実を手に取らなかったことがあるんじゃないでしょうか。

人見知りを克服するもっともオススメの方法は「心のそこから相手に興味を持つ」ことです。相手がどんな人なのか、何に興味を持っている人なのか。そんなことを考えるようにしたら、相手に質問をしたい・話を聞きたいと思うようになり、話しかけることも話し続けることもできるようになるんです。

女性が苦手だった私がセフレを量産した方法 というブログでは、作者が人見知りでありながらどんどんセフレを量産したテクニックが惜しみなく紹介されています。ぜひともご一読をおすすめします。

なかなか会ってもらえない時にはどうしたらいい?

セックスフレンド

さて、なかなか会ってもらえないなんていう悩みが多いですね。あまりに会ってもらえないことが続いた場合どうしたらいいでしょう。

そういうときは、一度理由を聞いてみたらいかがでしょう。

ただ、理由を聞くときにあまりぶっきらぼうになったりしないことです。

「どうして会いたくなの? 」「どういう理由で? 」みたいな感じですね。

メールだとよけいに無機質にみえるんですね

「そっかー、会えないかー。今は忙しかったりするのかな?^^」

みたいな感じがいいですよ。

「今、忙しいから会えないです」と言われたらこれは脈があります。

実際出会う事はしばらく忘れ、 全然違うメールをいつものように繰り返しましょう。

そして、女性が「今ならいいかな……」と思うタイミングでデートを申し込んでください。

女性が「最近つまらない」など そういうことを言い出したらチャンスです。

この時こそ「じゃあ会ってみませんか? 」など 出会いの誘いを入れてみてください。
ここで重要なのは、女性の寂しさ、日常生活での物足りなさに 刺激を与えられそうなメールを送る事です。

そしたら女性は「この人と会う事で変わるかも? 」といった 希望を抱く事が出来ます。
女性が弱みを見せた時、 それが出会いのチャンスです。

出会い系サイトでプロフィールを書くときに気をつけるべきこと

セックスフレンド

出会い系サイトは、個人的にはかなり昔から利用していますが、現在ではユーザーの質が変わってきたように思います。男女問わず、以前と比べて好みや言動が変化しています。

それはどういう変化かと言いますと、「以前と比べて現実世界でアクティブな人が減っている」ということです。

以前は現実世界でも「勝ち組」のような人が片手間で出会い系サイトに登録し、今でいうリア充同士でカップリング成立、というようないわゆる「一強多弱」な様相を呈していたと感じますが、現在のサイトでの登録者を見るとそんなことはなく、かえって「現実ではパッっとしないけど、実際に会ってみると良い人」が増えているという印象です。

それに伴って、興味を持ってもらえるきっかけも変わりました。

まずみなさんは多かれ少なかれプロフィールを見てからその人の性格や人となり、生活スタイルを判断することになると思いますが、そこで与える第一印象が出会えるかどうかを大きく左右するようになったのです。

以前は簡単に「車持ち」みたいなプロフィールだけでも興味を持ってくれたのですが、今はそんなシンプルな表現では女性はなかなか興味を持ってくれません。

ですから、いくら現実がそうであったとしても、もっと書き方に工夫を凝らした方が女性と出逢える、興味を持ってもらえる可能性は高まります。

「車持ち」これだけでは足りない、ではどうするか、ですが、車種を追加し、車に関する趣味も追加しましょう。これだけで印象がグッと良くなると思います。

「○○○乗り、趣味はドライブ。夜中のドライブがストレス発散方法です」など、付随する情報をどんどん追加していきましょう。プロフィールを見た方はその中のどれに反応するかはその人次第です。できるだけたくさんの「話題のきっかけ」をプロフィールに書き込むことが、相手との距離感を縮めることに寄与します。

また、専門的なこともなるべくわかりやすい文章にしてあげると更にグッドです。意外と、男性の好きなことを女性は知らないことが多いので、そういう心配りもプロフィール作成には必要になってきます。

ページの先頭へ