出会い系サイトに登録し、相手も見つかったところで一番の難関は、出会う段取りをつけることだと思います。

意外や意外、実際に会えることが一番の難関だと思います。

その理由は、「相手があまり慣れていなく、実際に会うことに戸惑いを感じるから」これに尽きます。

しかしそのコツがわかれば、あとはスムーズです。(なにしろ相手も出会うために登録しているわけですから)

そのコツとは「自分を良く見せすぎないこと」と「素朴な感じは意外とウケが良い」ということです。

どういうことかと言いますと、出会い系サイトでは、自分を良く見せたいという意識が働き、意外と本当の自分を出せていなかったりします。これは男女問わずに言えることです。これは心理学でも研究されてわかっていることなのですが、最初のイメージを良くしようという意識が働くと、普段の自分とは違う、ある種誇張された自分と言うキャラクターを演じるようになってしまいます。

そして、そのような「自分でないキャラクター」を演じることには、自分も、そしてそれを見ている他人にすらも「ちょっとした違和感」という副次的な作用が働くのです。そしてそのように違和感を覚える人に対して、少し距離を置きたくなってしまうのです。ですから、普段から「いつもの自分でいること」が、出会いのアポ取りの要諦なのです。

実際に会う時に気を付ける2つのポイント

さて、実際に会う際に気を付けるポイントは、おおまかに言って2つあります。

それは「清潔感」と「素朴」です。

相手の立場に立って考えてみるとわかることですが、基本的に女性は清潔なものが好きです。ましてや男性との出逢いを求めているのならなおさら、その求めるレベルは高いと言えます。身だしなみをきちんと整えて、普段の自分をアピールしましょう。

また、性格の素朴さも相手に安心感を与えます。これは先の清潔感とも関連しますが、相手にとって安心できるキャラであることが、信頼されるコツです。何をするかわからない突飛な人よりも、優しく、素朴なタイプの方が相手が安心し、心を開くのも早いと思います。

以上のコツ・ポイントに気を付けて、良い出逢いを探していきましょう。