出会い系の基本はメールのやりとりです。

ここでどんなメールを送るかによって、実際に会えるかどうかが決まってきます。

とにかく、相手の話を聞く。こちらからどんどんアクションを起こさなければいけないような気がしてしまいますが、聞き上手が嫌がられることはけっしてありません。

出会い系じゃなくたってモテますからね。早いとこ会う約束をとりつけたい気持ちはわかりますが、女子が一生懸命いろんな話をしているのに、自分のポイントが残りわずかだからって、ことを急いではいけません。

まずは女性の言葉に耳を傾け、じっくり相手の話を聞いてあげたあとに「もっとゆっくり話聞いてあげたいから、よかったら今週末会わない?」と持っていく。

数打ちゃ当たる戦法じゃなかなか女性は振り向いてくれません。そこで、相手のことをよく考えた丁寧なメールを送ることで、返事獲得率をあげること。文章が 苦手な人でも「多くの掲示板があるなかで、なぜその人にメールを送っているのか」ということを相手に伝えようと思いながら、メールを書くとうまくいくで しょう。

さらにメールをするときは、以下のことに気をつけてください。

メールの内容はできるだけ具体的に

ファーストメールで「はじめまして!」だけではなく、「はじめまして!○○在住です!一度お食事でもして、気があえばお付き合いください!趣味は○○です。あなたは?」と、会話が続くようにメールをしてみましょう。

具体的に書けない女はサクラ。地元スポットなどの話題を振って反応を見る

サクラの特徴として、あまり地理に詳しくないことが挙げられます。わざと地元の話を振ってみたり、カマをかけてみましょう。ただし、本当に地理に詳しくない本物の女性がいることも忘れずに。

メールの返事が遅い場合は、自分から催促することを忘れずに

様々な理由でメールが遅れることもありますが、そのまませっかく決まりかけた話が流れてしまう可能性もあります。かならずメールの催促をするようにしましょう。

逆に催促された場合は、本物の可能性が大。

上記の理由で、催促された場合は本物の女性の可能性が大。サクラはメールのしてこない男性に興味はありませんので、すぐに次の相手を探しはじめます。貴方に固執するということは、本物ということなのです。

すぐにサクラと断定しない。相手にも色々な事情がある。相手本位で話を進める

サクラとむやみに断定することで、たとえ相手が本物でも全て終わってしまいます。また、相手に与える痛みは計り知れないものになるでしょう。電波の向こう側には、人間がいることを忘れないようにしてください。

器の大きさを見せる。何でも許す・受け入れる

何でも許しましょう。何でも受け入れましょう。器の大きな人間は、それだけ魅力的なのです。

予定を決めたからといって、メールをしなくなるなどの行為は厳禁

予定を決めて「また前日か当日にお話しましょう」なんていうのは最低の行為だと頭に入れておいてください。会う話を決めてからが本番。ドタキャンされることが多いと出会い系使用者の多くは語りますが、ほとんどがこういった態度が原因でお断りされているようです。

また、メールするときには、「ビジネス用語」や「隠語」や「流行り言葉」「若者言葉」を使わないように注意してください。

ビジネス用語や隠語や2ch用語が多いメールは、アウト!!」をごらんください。細かくまとまっていますよ。