わたしのような女性が苦手な人間は、女性との会話での沈黙を怖がっています。

しかし、実は、会話が苦手なことは、女性との出会い(セフレ作り)においては武器になるのです。

インテリ男性に多いのですが、矢継ぎ早にどんどん会話を広げていってうまく話した気になっている人がいます。

女性は聞き上手が多いので、「ウンウン」と楽しそうに聞いてくれているけど、実際には「つまんねー男だな……」と思われているという悲しい例も。

女性が何かを話したら、そのあとは数秒沈黙してください。

何も話さないでください。沈黙を怖がらないでください。

その数秒の沈黙で女性はこう思います。→「この人は私の言ったことをちゃんと聞いてくれて、そのことについて考えてくれているんだな」

決して、沈黙が多くてつまんないやつだなんて思われたりはしません。

ただし、沈黙のあいだ、不機嫌そうな顔をするのはやめてください。ほがらかに安心させるような表情や態度をすることを心がけてください。

数秒の沈黙のあとに話し始める時も、ゆっくりと穏やかに低いトーンで話し始めてください。

相手の言ったことをきちんと自分の中に噛み砕いて取り入れて、相手が話したいであろうことを話してください。

難しいことですか?

いえ、気の利いたことや面白いことをいうよりもずっと簡単です。

相手のいうことをきちんと聞いて、普通の会話をすればいいんです。

女性とセックスするためには、気の利いた話なんてする必要はないんです。このあたりを誤解している男性が多いですね。

女性が欲しているのは「話をきちんと聞いてくれて普通の話ができる男」なんです。