特にイケメンというわけでもないのに、なぜか綺麗な彼女を連れている、女性の噂が切れないなんて男性を不思議に思いませんか?自分と何が違うのか分からないという方も必見!

イケメンじゃないのにモテる男のテクニック5選を紹介していきましょう。

コミュニケーションのスキルが高い

男女関係なく、コミュニケーションが取れる男性は魅力的なものです。付き合い方も上手なのでしょう。また、話に引き込む力も持っています。

「自分は口下手だから無理だな……。」なんて諦めなくても大丈夫です。何も話上手がコミュニケーション上手ではありません。女性の話を聞くこともコミュニケーションのスキルとしては大切なことです。むしろその方が好感も上がってモテる人に近づけます。

モテる男は頼り甲斐がある

どっしりとした余裕は女性からみて、安心感が大きいのでしょう。特にイケメンではなくても、なぜか一緒にいると落ち着いているという人もモテる人の醸し出すものです。
いくらイケメンでも、頼りない姿を目の当たりにしてしまうことで、女性はドン引きしてしまいます。それに比べてかっこよくない男性でも、自分のピンチの時に助けてくれる、何も言っていないのに察して行動してくれる男性の方がダントツ人気を得ることができます。

自分に似合うファッションを熟知している

何と言ってもファッションは大切です。自分の長所をしっかり理解した上でコーディネートをうまくしている男性はそれだけで一歩リードできます。どれだけ有名なブランドのものでも、似合っていなければ意味がありません。

男性が女性を見る時の第一印象が「顔」ならば、女性の第一印象は「雰囲気」なのです。イケメンでもないのに、なぜか雰囲気がかっこいいというのはこういうことなんですね。もう一度自分のコーディネートを見直してみるのもいいかもしれません。

適度な清潔感がある

「清潔感」と「潔癖症」は全く違います。清潔感がありすぎると、女性から敬遠されてしまいますし、無さ過ぎると論外です。イケメンでもだらしなかったり不潔だと、女性からの印象はガタ落ちです。だから、あえて適度な清潔感が求められるのです。イケメンでなくても、この適度な清潔感がキープ出来ているだけでも女性ウケがかなり違います。

誰にでもさり気ない気配りが出来る

女性に気配りができるのは当たり前のことです。しかし、イケメンじゃないのになぜかモテる男性の特徴は、誰にでも気配りができるところです。分け隔てなく優しいというのが、モテるポイントになってきます。しかも、「やってますよ!」感がないところが尚女性の心をくすぐるのです。

自分はイケてないからと思って諦めてしまってはいませんか?

「男は顔だけではない!」この言葉を忘れないでほしいなと思います。女性だけではなく男性をも魅了することのできるいい男になりましょう。